立教大学の入試方式 | 東進ハイスクール 人形町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 20日 立教大学の入試方式

 

みなさんこんにちは!人形町校の鈴木です。

台風14号の影響が大きく、不安な毎日ですね…

自然災害が減ってくれることを祈るのみです…

さて!今回は私が通っている「立教大学」の入試傾向について私が生身で感じたことをお話しようかなと思います。

私が実際に試験を受けたのは「国語」「日本史」です。あれ、英語は?と思う方、いらっしゃると思います。そうです、なんと立教大学英語の試験はございません。

そのかわり!「共通テストにおける英語の点数」もしくは「対象の英語検定のスコア」の2つ、そのどちらか得点が高い方が英語の得点として換算されます。このどちらが高いかは立教側が判断して抽出してくれます。(少し優しい)

個人的なおすすめは「英検」です。理由は1日で受験が可能なテスト方式があり合否関係なく、面接までいれたスコアが手に入れられるからです!

共通テスト本番、何があるか分かりません。もしも不安な人がいたら、各種英語検定をゲットしておくと安心ですよ!

国語と日本史に関しては、本当にこれしか言うことがないと思っています。「基礎」が問われます。基礎が問われると言うことは、自然の高得点の闘いになります。私は日本史の勉強をほぼ一問一答で乗り切るという体当たり方式で入試を全て終えましたが、少し抜けていた基礎が足を引っ張り、立教には第二次合格で進学出来ました。

成績の伸びや、ストレスで不安な日は続くかもしれません。でも大丈夫。しっかりと「こぼさない」を意識しながら、毎日机に向かうだけでも必ず実るものはあります。自分を責める前に、まず、自分が出来たことを考えてみてください。きっと出来なかったことだけじゃないはず。

自分の根底にある心を励ませられるのは自分だけ、自分に対する思いやりも忘れずに残りの期間走り抜けましょう!

 

人形町校担任助手 鈴木爽優子

 

もし、少しでも興味を持ったら、下のバナーをクリック!

スタッフ一同、人形町校でお待ちしています!