50日を切った今 | 東進ハイスクール 人形町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2021年 11月 30日 50日を切った今

みなさんこんにちは!担任助手の鈴木です!

本当に本当に本格的な冬になってきましたね。

体調管理は大丈夫でしょうか?

寝る前に白湯を飲むと体が温まって

風邪をひきにくくなりますよ!

さて、今日は

受験まで残り50日を切って

きっと色々な感情に襲われていると思います。

最近の私のブログでは気持ちや

メンタル面について書くことが多いですが

何を隠そう、私はとても気持ちの落差が激しい

受験生でした。なので皆さんには

そんな私が行ってきたメンタル保護活動

少しでも知ってもらって

もし「しんどすぎる!」となった時に

使って貰えたら嬉しいと思っています。

今回紹介する私のメンタル保護活動の方法は

ノートに自分の今の心境を書く

ということです。

ノートに自分の今の心境を書く、というのは

自分が今どう思っているのかを嘘偽りなく

そのまま素直に全て書き出します。

不安感や人への羨望妬みなど

自分の黒い部分まで全て曝け出します。

これを行う事で

自分はこう思っているんだ、

この壁にぶち当たっているんだ

と自然と自分自身と向き合う事ができます。

この前自分の受験生時代のノートを見返したら

帯びただしい闇深い文章で埋まっていました。

そして、このノート戦法で最も重要なのは

最後は必ず前向きな言葉を書いて締め括る

ということです。

「絶対合格する」「負けない」「頑張る」

どんな言葉でも良いです。

やはり、言霊というのはあると思っていて

本心では思えていなくとも、言葉だけでも

前向きで、プラスな事を言うだけで

知らぬうちに自分の自信につながっていたり

そのまま実現してしまう!なんてことも

沢山あります。実際に

「根拠のない思い込みであっても

人々がその状況が起こりそうだと考えて

行動することで、事実ではなかったはずの

状況が本当に実現してしまう」

と、ロバート・k・マートンという社会学者が

「予言の自己成就」と名付けて提唱しました。

受験は確かに当日の得点で全てが決まります。

ですが、それが受験の全てだとは思いません。

いかに自分の駄目なところや

逆に自分の良いところと向き合って

悩んで悩んで落ち込んでを繰り返したか

それが受験を越えた先の皆さんに

大きな財産を残してくれると思います。

ネガティブは悪い事でもなければ

悩むことは時間の無駄なんかでもありません。

皆さんを強くしてくれる最強の武器です。

あと、少し、1分1秒でも多く勉強と自分と

向き合って最後まで駆け抜けましょう!

辛い時は担任助手に話してくださいね。

  人形町校担任助手 鈴木爽優子

★東進の魅力とは!?★

【その①】

これこそ東進の一番の醍醐味ですね!

【その②】

映像授業だから、早めたり遅めたりも自由!

難しい単元はゆっくり、わかっている範囲は早めて高速学習を目指そう!

【その③】

1か月で終わらせるなんて理解できているか不安?

大丈夫!確認テストで理解できているかの確認をするシステムがあります!

 

もし、少しでも興味を持ったら、下のバナーをクリック!

スタッフ一同、人形町校でお待ちしています!