平常心の保ち方 | 東進ハイスクール 人形町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 12日 平常心の保ち方

 

こんにちは、早稲田大学社会科学部の渡辺大貴です。

受験において、自分の実力を発揮できないことほど、悔しいことはありません。そこで今回は、平常心を保つためにやるべきこと・行ったことを2つ話します。

一つ目は、「模試に慣れる」ということです。
やはり、本番の雰囲気を味わうのは、本番しかありません。ただ、模試であれば、それに似た雰囲気を味わうことができます。実際、模試では、自分の家とは違い大人数で問題に取り組むことになります。そのうえ、模試には、スタッフやマークシート等、本番と同様の設備が用意されています。そのため、本番同様の緊張感を持つことができます。そして、こういった緊張感には、なるべく慣れておくと、試験本番における緊張を軽減できます。やはり、試験会場の雰囲気を本番で感じると、緊張して平常心を保てません。

二つ目は「周りの人を気にしない」です。
一つ目と被るところがあるのですが、やはり、試験会場に行くと、周りの人の頭がよく見えてきます。実際自分も、模試会場でそう思ってました。ただ、そうすると、「こんな頭のよさそうな人たちの中で点数とれるのか?」と不安に思って、より緊張してしまいます。そのため、試験会場に行っても、周りの人に気にしないようにしていきましょう。確かに、難しいですが、模試会場などで、「周りの人はジャガイモ」などと無理やり思い込みましょう。


他にも、ルーティンワークを作るなど有効的な平常心の保ち方はいくつもあります。そのため、平常心の保ち方を積極的に調べていってください。

もし、少しでも興味を持ったら、下のバナーをクリック!

スタッフ一同、人形町校でお待ちしています!

感想入力フォームがあります!

匿名でも構いませんので

ぜひ今日のブログの感想を書いてください!

↓    ↓    ↓