東大生の日常~Part4~ | 東進ハイスクール 人形町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 14日 東大生の日常~Part4~

4講座申し込みは本日まで!!

こんにちは!東京大学理科一類一年の小林です。

またまたやってきました

「東大生の日常」シリーズPart4です。

今回からは大学一年の一学期でどんな勉強をしているのか

教科別で紹介していきたいと思います。

 

最初は英語です。

90分授業が週2コマあり

読解英会話の授業と分けられています。

 

読解の授業では入学試験の点数によって分けられたクラスで

「教養読本」という名の大学が作成した教科書を扱っていきます。

理文を問わない様々な分野の論文や人物の伝記が含まれていて

どれも「教養」の名に恥じない内容となっていました。

 

英会話の授業では20人ほどの少人数に

ネイティブの教師が一人つき

見守られながら学生たちが

ディスカッションやプレゼンテーション

を行うという形式になっています。

僕も絶賛プレゼンテーションのための資料を準備中で

そのテーマは「死刑制度の是非」となっています。

理文合同で行うので、理系の僕でも

法律じみたトピックを扱うことになるのです…

 

といった感じでざっくりと説明しましたが

やはり英語はいつまでも必要なものとしてついてくるわけです。

なので力を入れて勉強したいのですが

そうもいかない理由を次回話すとしましょう…

 

人形町校担任助手 小林優太

 

もし、少しでも興味を持ったら、下のバナーをクリック!

スタッフ一同、人形町校でお待ちしています!