入試会場となるキャンパスに大学生は居るのか | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2020年 2月 10日 入試会場となるキャンパスに大学生は居るのか

こんにちは!東進ハイスクール人形町校の佐藤聖真です。

東京理科大学野田キャンパスは受験のときどうなっているのかをご紹介します。

大学によって入試期間中の封鎖の範囲は異なると思いますが、理科大野田キャンパスの場合、講義棟が受験会場となっていてそれ以外の建物には理科大生は入ることが出来ます。つまり、図書館で勉強をしている大学生がいたり、研究室で研究にいそしむ大学生や教授などがいるということです。(必ず見られるというわけでもないので変に期待しすぎないでください)

また、7号館にある上島珈琲店は入試期間中でも開いていて、受験生の保護者の待機場所としてや理科大生の憩いの場としても使われています。

僕も資料を見たり印刷したりするのに便利なので休みの日でも大学によく行きます。授業のない日にふらっと大学に行くのも、大学生の楽しみだったりします。

ぜひ、皆さんにも将来大学生活の楽しみを見つけてほしいと思っています。一緒にがんばりましょう!

人形町校担任助手 佐藤聖真

 

★東進の魅力とは!?★

【その①】

これこそ東進の一番の醍醐味ですね!

【その②】

映像授業だから、早めたり遅めたりも自由!

難しい単元はゆっくり、わかっている範囲は早めて高速学習を目指そう!

【その③】

1か月で終わらせるなんて理解できているか不安?

大丈夫!確認テストで理解できているかの確認をするシステムがあります!

もし、少しでも興味を持ったら、下のバナーをクリック!

スタッフ一同、人形町校でお待ちしています!