低学年のうちにやっておいてよかったもの | 東進ハイスクール 人形町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 11月 9日 低学年のうちにやっておいてよかったもの

 

こんにちは!法政大学経営学部1年の佐藤宙です!

今日は低学年のうちにやっておいてよかったことについてお話させていただきます!

低学年といっても特に高校2年生!

今の時期が本当に本当に大事です!

僕も高校2年生の10月に受験勉強を開始して、なんとか今の大学に受かることができました。

受験勉強を開始した当時、英語の点数は13点でした。

しかし高校3年生の12月に受けた共通テスト最終本番レベル模試では92点を取ることができました。

ここまで点数を上げることができたのは、理由があります。

①英語が苦手な子は、まず英語の点数を上げよう!

英語で13点しか点数を取れなかった自分は、それを補えるほど他教科で点数が取れていたかというと、そうではありませんでした。

しかし、まず英語を伸ばさないことには何も始まらないと思い、英語の勉強を重点的に行いました。

高速基礎マスターは毎日500題以上はこなしました。

その結果、英語の点数が7割に達したのが8か月後の高校3年生の6月です。

8か月もかかっているのです。点数を上げるのに。

もしも僕が高校3年生の4月に受験勉強を始めていたら、7割に達成するのは12月ということになります。

共テ本番1か月前にやっと7割ですよ。

もし4月に始めていたら、今の大学には行っていないと思います。

6月に英語をある程度できるようになってから、他教科の勉強を重点的にできるようになりました。

英語をあの時やっておいてよかったと痛感してます。

②受講は早めに

受講は早く終わらせることに越したことはありません。

早く終わらせれば、そのあと再受講もできます。

自分のやりたい勉強があったとしても、まずは受講を優先して行いましょう。

③毎日登校

高校2年生のうちから毎日登校をしていました。

そのおかげで、登校するのが習慣となり、苦ではなくなりました。

以上が低学年のうちにやっておいてよかったものです。

本当に今が大事な時期になりますので、頑張っていきましょう!

 

 

もし、少しでも興味を持ったら、下のバナーをクリック!

スタッフ一同、人形町校でお待ちしています!

感想入力フォームがあります!

匿名でも構いませんので

ぜひ今日のブログの感想を書いてください!

↓    ↓    ↓