明日は大学合格基礎力判定テストですね | 東進ハイスクール 人形町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 21日 明日は大学合格基礎力判定テストですね

お久しぶりです。

最近大学2年生になり、対面での授業が当たり前になってきた山本航聖です。

今日は

①勉強時間の確保(受験生向け)

②明日の模試(低学年向け)  の豪華2本立てでお送りしま~す。

え?いきなり真面目じゃないかって?

そんなあなたに、「本日の映画紹介のコーナー」です!!

映画が好きだけどそこまで知識があるわけでもない

そんな私が今回紹介するのは、映画「ジャンパー」です。

この映画は、ある日突然瞬間移動の能力を手に入れた主人公が正義のヒーローに、、なるわけでもなく、ただただその力を自分のために使う、そんな物語です。

銀行の金庫に侵入し大金を手にしたり、お昼ごはんを食べに世界中を飛び回ったりと、もし本当に瞬間移動が出来たら一度はやってみたいことをやってくれているのがこの映画の見どころです。

また主人公を演じる俳優は、あのダースベイダーを演じたヘイデン・クリステンセンなのも魅力の一つです!

皆さんは、一つ超能力が手に入るなら何の能力がいいですかね?

ぜひ勉強に疲れたときは息抜きに観てみて下さい!

 

それでは本題の①勉強時間の確保(受験生向け)です。

皆さん、HRで勉強時間について校舎長が話してくれていたのを覚えていますか?

夏休みは1日15時間勉強!というものでしたね 

受験生の年間勉強時間の約3分の1を占める大切な時期、というのを皆さん聞いて、夏休みはしっかり勉強しなきゃ、、と思った人もいると思います。

ここで私が話したいのは、勉強時間の確保は夏休みだけじゃなく、普段の学校がある日にも当てはまる、ということです。

あの時の説明では、1学期に確保すべき勉強時間を440時間とありました。1学期を大体110日として計算すると、

単純計算ですが、1日4時間の勉強時間を確保しなければなりません!(学校などの勉強以外を対象)

今、皆さんはこの最低ラインの4時間をしっかり確保できていますか?

部活をまだ頑張っている人や、テスト勉強に追われている人など、学校生活が忙しく大変ですが夏休みに大量の演習問題に取り組めるよう、

しっかりとこの4時間は確保するようにしましょう!!

 

2つ目に明日の模試(低学年向け)についてです。

皆さんは今まで、合格基礎力判定テストを受験したことがありますか??

この模試は文字通り、大学合格に必要な基礎知識をテストする模試です。

そのため、普段受けている共通テスト本番レベル模試全国統一高校生テストに比べ、多少問題の難易度は低く、取り組み安いと思います。

問題なのは、その量、です。この模試を受けたことがある生徒はわかるかもしれませんが、最後まで解き切ることが出来ないくらい問題量、が多いです。

大変だ、と思うかもしれません。しかし、大半の問題が大学合格に必要な最低限の知識です!

これに時間をかけていたら二次試験どころか共通テストも、、元も子もないですよね

明日の模試では、いかに正確に、そして素早く問題に対応できるかがカギとなってきます。

自分の基礎知識はどのくらいなのか、それを調べるためにも全力で取り組んでみてください!!

 

◎また、明日は②にもある通り模試を校舎で実施するため、9時から開館となります。

ぜひ開館から校舎で勉強しに来てください!

東進ハイスクール人形町校担任助手 山本航聖

 

★東進の魅力とは!?★

【その①】

これこそ東進の一番の醍醐味ですね!

【その②】

映像授業だから、早めたり遅めたりも自由!

難しい単元はゆっくり、わかっている範囲は早めて高速学習を目指そう!

【その③】

1か月で終わらせるなんて理解できているか不安?

大丈夫!確認テストで理解できているかの確認をするシステムがあります!

 

もし、少しでも興味を持ったら、下のバナーをクリック!

スタッフ一同、人形町校でお待ちしています!