センター模試まであと一週間、何ができる? | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2019年 4月 21日 センター模試まであと一週間、何ができる?

こんにちは! やっと春らしい気温になってきましたね!!!!!

さて、来週の日曜日は…

そう、センター試験本番レベル模試です!

新学期になって自分の実力をはかる大切な模試。

当日に自分の実力を最大限発揮するために、一週間でできることをリストアップしてみます!

 

 

①高速基礎マスターをやりこむ

☆センター1800を完全修得していないそこのアナタ!

かなりまずいです!早急に取り組んでください!気合があれば一週間で修得できます!

 

☆もう既に1800を修得しているそこのアナタ!

もう私は完全修得しているから大丈夫?いやいやそんなことはありません!

修得したあとも継続してトレーニングしていますか?

人間の脳は必ず昔のことを忘れる仕組みになっています。

常にトレーニングし続けてはじめて自分の力になり成績に表れます。

 

センター英単語1800、センター熟語750、英文法750

これらの講座をきちんと完璧に自分のものにできていれば、必ずセンター英語で自分の最高得点と取れるはず。

あと一週間、毎日500トレーニングして自分の知識を完成させましょう!

 

 

 

②今までの受講の復習をする

みなさん毎日受講おつかれさまです!

ところで…

3か月前に受講した内容、完璧に思いだせますか?

春休みに苦労して理解したあの数学の問題、今もう一度解いてもスラスラ解けますか?

せっかく勉強したはずなのに、思い出せないことが多くあるはずです。

そう、先ほども言いましたが、昔学んだことを繰返しなんどもなんども復習することがとても大切なのです。

新しい内容を受講することも大切ですが、ぜひこの一週間は

☆以前受講した英語のテキストを音読しなおす

☆以前受講した数学のテキストの練習問題をやり直す

など、復習に力をいれてみてください!

 

 

 

③センター試験の過去問を解く

模試が終わった後に必ず多くの生徒のみなさんが言っているのが

「時間が足りなかった」「配分を間違えた」です。

そんなあなたに朗報です。

センター試験は基本的に問題構成・難易度に変化はあまりありません。

過去のセンター試験の過去問をとけば、時間配分の練習ができる!!!!!!!!!!

1年分演習するだけでもかなり当日の手応えは違うはずです。

本番を想定して時間配分を意識しながら一度過去問を解くだけで、成績アップ間違い無し!

 

泣いても笑ってもセンター試験本番レベル模試まで一週間。

みなさんが自分のベストを尽くせるように応援しています!

 

人形町校担任助手 魚津

 

★東進の魅力とは!?★

【その①】

これこそ東進の一番の醍醐味ですね!

【その②】

映像授業だから、早めたり遅めたりも自由!

難しい単元はゆっくり、わかっている範囲は早めて高速学習を目指そう!

【その③】

1か月で終わらせるなんて理解できているか不安?

大丈夫!確認テストで理解できているかの確認をするシステムがあります!

 

↓東進では、CMでおなじみの先生の授業が多数!

もし、少しでも興味を持ったら、下のバナーをクリック!

スタッフ一同、人形町校でお待ちしています!

 

過去の記事