東大生の日常〜Part5〜 | 東進ハイスクール 人形町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 22日 東大生の日常〜Part5〜

こんにちは、東京大学理科一類一年の小林です!

本日もやってきました

「東大生の日常」シリーズPart5です。

 

今回は大学での勉強を紹介

第二外国語編です。

 

東大では週2コマの必修科目として

イタリア語、韓国朝鮮語、スペイン語

中国語、ドイツ語、フランス語、ロシア語

のうちから一つの選択が課されています。

そしてこの選択をもとにクラス分けが行われます。

 

自分は先輩からの情報をもとに

・使う文字がアルファベット    

・文法も英語に近い        

・にぎやかなクラスになる傾向がある

という理由からスペイン語を選択したのですが…

進度が早すぎる!

そして難しすぎる!

とにかくスペイン語の勉強に追われていて

これが前回のブログの最後に書いた

英語の勉強ができない理由なのです。

このブログもスペイン語の試験勉強の合間に書いてます…

 

選択した第二外国語によって

周りの人間の雰囲気がかなり変わるというのが

面白いテーマとしてあるので

こちらもいずれブログで書こうと思いますが

どれを選択してもその勉強にみんな追われているなという印象です。

 

他の大学でも必修で第二外国語がある人は覚悟しておいてください!

 

次回は「理系といえば」の数学の話をしようと思います。

Gracias por leer. Hasta luego!

 

人形町校担任助手 小林優太

 

明日のブログは川島さんで「受験生に向けた夏休みの過ごし方」です!

ぜひチェックしてください!

 

 

もし、少しでも興味を持ったら、下のバナーをクリック!

スタッフ一同、人形町校でお待ちしています!