夏休み明けの勉強について(低学年向け) | 東進ハイスクール 人形町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 8月 31日 夏休み明けの勉強について(低学年向け)

こんにちは、早稲田大学社会科学部2年生の渡辺大貴です。

今回は、夏休み明けの勉強について話したいと思います。

 

まず、夏休みの勉強はどうでしたか?

目標通り勉強できた人、そうでない人さまざまだと思います。

勉強できていない人は、危機感を持ってください。40日で勉強量はかなり変わります。

ただ、この夏休みはもう過ぎてしまいました。そのため、”これから何をするのか”が大事になりります。

 

では何をすればよいのでしょうか?

勉強法について詳しく伝えられることはありませんが、

夏休みの模試を受験した生徒は、模試の結果から、

自分の得意不得意を見極めてください。

例えば、英語なら、英単語が分からない、速読が苦手など、要因によって行うべき勉強が大きく変わってきます。

また、得意な教科より不得意な(低得点の教科)な教科に取り組んむ方が費用対効果がかなり大きいです。

行き当たりばったりで勉強するのではなく、模試の結果から分析を行うことで効果的な勉強につなげていきましょう。

 

そして、二年生は受験まで1年半となってしまいました。

分析を行い、基礎が全くできていないと判断した場合、今すぐにでも対策しましょう。

というのも、3年になって基礎から応用まで学習するというのは困難だからです。

特に、英語の土台である英単語を覚えるのには、かなりの時間を要します。

3年生になって、後悔しないように、毎日取り組みましょう。

 

 

具体的なアドバイスをできなくて申し訳ないのですが、

以下の二つはかなり大切になってきます。

①模試で自己分析とアプローチ

②基礎の徹底(基礎ができていない生徒)

 

もし、少しでも興味を持ったら、下のバナーをクリック!

スタッフ一同、人形町校でお待ちしています!

もし、少しでも興味を持ったら、下のバナーをクリック!

スタッフ一同、人形町校でお待ちしています!