夏休みを振り返って | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2017年 9月 1日 夏休みを振り返って

 

 

みなさんこんにちは!
大学の体育の授業でボウリングに毎朝通って
右腕が上がらない迫田です!
 
さて!とうとう夏休みが終わりましたね!
センター試験まで残すところ
あと133日となりました!
 
 
先日はホームルームがありましたが、
みなさん夏休みの振り返りと2学期のやるべきことのイメージはできたでしょうか??
 
 
今日は9月1日ということで、
この場を借りて夏休みの振り返りをしたいと思います!
 
 
 
まず、先日のホームルームでもあった内容を確認します!
 
 
8月27日のセンター試験本番レベル模試で目標点を突破することを目的として、
夏休みはセンター試験の過去問演習を中心にこれまで知識を確認してきましたね!!
 
みなさん今回の模試の結果はどうだったでしょうか??
 
 
ホームルーム内では今回の模試の各教科の得点が
7割日東駒専
8割明青立法中
の合格ラインです!
 
これが達成できた人
国立の2次試験や私立大学の過去問演習講座
記述型答案練習講座
その他大学別対策講座
に重点を移していきましょう!
 
 
未達成
インプットやセンター演習に課題が残っている人は
センター過去問演習講座
高速マスター
まとめ講座・要点整理の講座
をまず確認しましょう。
 
 
その上で、一つとても重要なお話をします。
 
それは、
インプットとアウトプット
さらには
センター対策と2次・私大対策の
どちらかに偏ってはいけない
ということです!!
 
1つデータを示します。
ここからやる過去問の量は
科目数 × 10年分 × 3周
なので、3科目受験の場合、90科目分やっていくことになります。
 
これをどのくらいの時間をかけて、
いかに丁寧に実施できたかで大きく合格率が変わってきます
 
 
学校の定期テスト対策を考えるとイメージしやすいですね。
 
2週間以上前に始めても、3日前に始めても、
やるべきことは
知識の確認と問題演習で変わらないと思います。
 
でも、2週間かけた方がより丁寧にできて、成績も上がりやすいですよね。
 
 
では、過去問対策の場合、具体的に言うと、
 
4か月→80%
 
3ヶ月→50%
 
2か月→20%
 
1か月→受験生次第
(年によって3%や8%などバラバラ)
 
1か月、つまり約30日違うと30%
すなわち
1日が1%を左右します!!
 
では、この4か月をどこで確保するかというと
今日9月1日から12月末までの期間になります。
 
 
ここで言いたいことは
インプットやセンター試験対策が完成していないからといって
2次私大対策を始めるのが遅れれば遅れるほど
合格の可能性は落ちていく
ということです。
 
やるべきことがたくさん残っている人こそ
最終的に合格する第一志望の過去問を確認し
最も効率の良い
自分のやるべきことを把握しましょう。
 
 
 
最後に、私が受験生のときに自分を鼓舞していた言葉のひとつを
紹介して今日はお別れしたいと思います!
 
 
 

10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう。

今やり直せよ。未来を。

10年後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今。

 
(2ちゃんねる 発信者不明) 
 
 
 
 
人形町校 迫田優希
 
 

☆各種お申し込みは下のバナーをクリック☆