迫田より人形町校の受験生へ | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2018年 1月 16日 迫田より人形町校の受験生へ

 

 

みなさんお久しぶりです!

 

先日ようやく卒論を提出して気分がものすごく軽くなった

迫田です!

これからちょっとずつ校舎にきますよーーー!!

 

 

 

まずは、みなさんセンター試験本当にお疲れ様でした。

いよいよ入試本番がはじまりましたね。

 

うまくいった人もいたと思いますし、思うようにいかなかった人もいるかと思います。

 

これから私立大学の入試が本格化してきて、さらに一喜一憂することも増えると思います。

うまくいってもいかなくても、毎回しっかり切り替えて

最後の試験が終わるまで

最後の最後までやり抜きましょう!!

 

引き続き体調管理には細心の注意を払い続けてくださいね。

 

 

 

さて、今日は毎年このくらいの時期に受験生のみなさんにしている昔話をつらつらとしたいと思います。

 

 

 

5年前、私は千葉大学教育学部志望の受験生でした。

 

正直自分の事、

めちゃくちゃストイックだと思っていたし、

結構頑張ったし、

いけるんじゃないかって思ってました。

 

何より、これまで最後には何とかなってきた分、自分だけはなんとかなるって甘い考えでいました。

 

 

 

 

結果は不合格。

ずっと伸びていたセンター試験は本番で大こけしました。

 

取れたはずのあと数点が、すごく悔しかった。

 

 

 

でも頑張ったし、これが自分の実力だったんだと思って第4志望だった青山学院大学に進学しました。

 

 

でもでも、本当はどこかで後悔してました。

 

最後の最後で気を緩めてしまったことを。

 

自分の中で、ここなら進学していいな、って思える大学に合格し

最後の10日間、国立の試験まで小論文の対策を必死になって続けなかったことを。

 

 

だけどそれから時間が経って、本当に心から後悔したことは

『その時後悔したこと』

じゃなくて

『その後悔をプラスに変えられなかったこと』

です。

 

大学に進学した時の私は自分に誓っていました。

 

「大学受験で失敗したぶん、ここからめちゃくちゃ頑張って、

あれも頑張って、これも出来るようにして、絶対理想の自分になる!」

って。

 

未来の自分にその想いを託しました。

 

そのときの必死な私を裏切ってしまったこと。

全部頑張りきらなかったこと。

 

それが今も心の奥深くに残っている一番大きな後悔です。

 

「悔しいとか、辛いって思うのは、出来た事があったのに、自分をどこかで甘やかしてしまったことも自分が分かっているからだ。」と、とてもお世話になった人に言われたことがあります。

 いちばん、しっくり来た言葉です。

今も、その言葉を胸に留めて、戒めにしています。

 

 

みんなの結果はわからないです。

受かって欲しい。

って

本気で本気で心の底から願っています。

 

でも、結果がどういう風に出ても。

満足のいく結果であってもそうでなくても。

 

 

みんなが頑張ってきたこの期間を

後々愛しいと思えるものにできるかどうかは

今このとき、そしてここから先次第です。

 

今この瞬間を起点にして、これから理想の自分を創っていけたら。

 

成功も失敗も、全部ひっくるめて、

「あの時の自分があったから、今の自分がある」

って思える起点にできたら。

 

こんなに幸せなことはないと思います。

 

 

 

だから私も頑張ります。

大学受験に失敗してから、そのままずるずると、頑張りきれずにいた頃の自分を受け入れて。

 

 

なかったことにするのではなく、あのときがあったからこそ、

もう一度本気で努力しようと思えたから

私は夢を叶えるための第一歩をまた踏み出すことができた。

 

後悔した瞬間も愛しい時間に変えられましたって

これからも変わらずみんなに胸を張って言い続けることができるように。

ずっと頑張ります。

 

一緒に頑張りましょう。

この大学受験がみんなの人生に幸せをもたらすものでありますように。

 

幸せな話を沢山聞けるのを心待ちにしています。

 

スタッフ一同、心から応援しています。

 

 

 

 

 

 

人形町校担任助手 迫田優希

 

 

 

 

☆各種お申し込みは下のバナーをクリック☆