迫田の将来の夢 | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2016年 5月 31日 迫田の将来の夢

 

こんにちは!迫田です!!

 

最近は暑くなったりどしゃ降りで気温下がったり、ちょっと不安定な天気が続いていまね。

体調管理には、十分気を付けてくださいね。

 

さて、今日で5月も終わりですね。

明日から6月。

6月と言えばビッグイベントふたつあります!

 

 

1つめ私の誕生日です!!

 

・・・というのは冗談として、

1つ目第3回センター試験本番レベル模試!!

受験生のみなさん、覚えていますか?

今回で、主要科目はAライン突破ですよ!!!

 

>

 

 

 がんばりましょーーーーーー!!!!

(本日の写真協力は人形町校でもトップクラスでがんばるOさんです!)

 

 

2つ目は、東進に通っていない人も東進生の体験ができる、

夏期招待講習のお申し込みの開始です!!

 

7月12日までのお申込みで5コマの授業が最大4講座受講可能です!

「定期テスト、やばかったなあー」という人、

「夏休みまでに1学期の復習をしたいなあ」という人!

人形町校にてお待ちしています。

詳しくはこちらへ!!

 

 

 

さて、本日のテーマは私の夢についてです。

 私の夢は、ひと言でいうと「日本を強い国にすることに貢献すること」です。

 

 

きっかけは2つあります。

1つ目は、祖母をC型肝炎という医療問題を原因に亡くしたことです。

 当時高校生だった私は、やり場のない強い怒りと悲しみを抱きました。

そして、その矛先は日本という国に向かいました。

「私の祖母は国に殺されたのだ」とまで思いました。

 

2つ目は東日本大震災の風評被害を目の当たりにしたことです。

 

「なんでこんなことが起きてしまうのか。」

という強い怒りや呆れのような感情を抱き、同時に

「このままじゃだめだ!」

と思い、

日本を強い国にに出来る力も熱意も持つ、

将来世代を育てたいという思いから教員を志すようになりました。

 

しかし、大学で教育学科に通い、また担任助手として働くなかで

強い志を持つ、たくさんの教員になった先輩の様子を見聞きし、

そして同時に民間の教育現場である東進の人の育て方を見て、考え方を変えました。

 

私は今、夢を達成するために、

今日の学校現場をより良くすることに貢献したい

と思っています。

そして、学校教育ではなく、社会教育という面にアプローチしたいと思っています。

 

 

 さて、今日は私の夢について少しお話しましたが

夢について考えることには私は1つの思想があります。

これは以前にブログで書いているので、ぜひ興味があれば読んでみてください。

 

 

 人形町校担任助手 迫田優希

 

 

—————————————————————————————–

★各種申込み

****資料請求ご希望の方****

****体験授業ご希望の方****

****入学ご希望の方****

****個別面談ご希望の方****

****講座診断ご希望の方****