自己分析の仕方 | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2017年 11月 23日 自己分析の仕方

こんにちは、川崎です。

最近ものすごく寒いですよね…寒すぎてついに僕はコートを解禁しました。

体調管理をしっかりしてくださいね!

そういえば今日から僕の通っている慶應義塾大学の学祭である、三田祭が始まりました!

23日~26日の期間で、三田でやっているので、よかったら来てください!慶應義塾大学の雰囲気などがわかると思いますよ!

 

今日僕が話すのは

自己分析の仕方

についてです。

 

自己分析。それは成績を伸ばすのには必要不可欠なものです。自分はこのくらいのレベルにいるということを知っておくことは重要です。

しかし、これが出来ていない受験生の人が結構いらっしゃるので、少し教えたいと思います。

方法1 ノートに書く

過去問を解いた後、しっかり復習できていますか?解いて丸つけして終わっていませんか?

その状態だとしたらまずいですよ!

方法の一つとして、振り返りノートを作ることがあります。自分の間違えた問題の解き直しやどうしてその問題を間違えてしまったのか、数学ならどの程度まで問題の解法があっていたのかなどを書き記してみるなどがあります。

 

方法2 模試の結果

模試の結果が最も自己分析をしやすいものです。特にセンター模試は苦手な分野がすぐ分かります。これを有効活用してみて下さい!

人形町校担任助手 川崎翔也

 

p> 

☆各種お申し込みは下のバナーをクリック☆