模試の復習は今週中にしましょ!!! | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2016年 5月 17日 模試の復習は今週中にしましょ!!!

 

こんにちは!

 

最近人身事故とかで運転見合わせに巻き込まれてばかりの電車運停滞気味な迫田です。

 

 

さて、記述模試が終わり、2日目ですね!

みなさん昨日は復習に手を付けましたか??

 

もうやってる、という人も、まだの人も、ここで一度記述模試の復習についておさらいしておきましょう!!

 

 

 

まず、大原則として模試はやりっぱなしにしないこと
がとてもとても大切です。

しかし、記述模試は自分で正解かどうか判断できないため

答案が帰ってきてからでいいや、となり

結局時間が経つと復習がおざなりになってしまいがちなんですよね・・・

 

 

そして後で別の模試を解いてると、見覚えあるものが出たりするものなんですね。

「あ、これわかる!」

と思いきや、選択肢じゃなくて論述せねばならず、

うまく書けない・・・

 

 

時間的にも労力的にもとてももったいないことなので、

模試は極力その日のうちに復習してしまいましょう。

 

 

では復習はどうやればいいのか。

基本的にはセンター模試と同じように、 

間違えた問題を

自信があったし簡単だったのに間違えてしまった問題

もう少し頑張っていれば解けたであろう問題(理解があやふやなことがある)

○全く歯が立たなかった問題

の3つに分けて考えましょう。

 

簡単だったのに間違えてしまった問題
他の受験生が解けている可能性が高く、差がつけられてしまうので要注意です。
なんど同じようなミスを繰り返さないようにしましょう!

 

もう少し頑張れば解けたであろう問題について
自分の得点を最大化させるチャンスです!

何度も繰り返し解くことに加えて受講や参考書などで例題を探しましょう!

 

 

そして、全く歯が立たなかった問題について
この手の問題に関しては自分的には注意が必要だと思います。
その問題が正答率の高い問題だった場合はしっかり問題分析を行うとともに苦手分野の発見を急ぐしかありません。そして受講や参考書、高速マスターなどを用いながら苦手分野をつぶしてください。
ただ、その問題の正答率が極めて低い場合はそれについて徹底的に分析したりしなくてもよいのではないかとも思います。
一問の難問に向き合い続けて基礎的な問題で間違えたとこの確認が手薄になってしまっては元も子もありません。

 

 

 

——————————————————————————————————————-

★各種申込み

****資料請求ご希望の方****

****体験授業ご希望の方****

]****入学ご希望の方****

****個別面談ご希望の方****

 
 

 

過去の記事