最後に伝えたいこと 前編 | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2018年 4月 26日 最後に伝えたいこと 前編

こんにちは!久しくブログに登場していませんでした遠藤です!

今年の春から三年生に上がり、勉強の面でより一層忙しくなってきました、、笑

とはいえ大学での専門分野の学習がやはりメインとなりますので、理解に困るところが多々ありますが根本的には興味があり面白いと感じるとところがとても多いです!

 

今年受験生となった高校三年生の皆さんも是非受験勉強で少し疲れたなと思うときには、自分が大学で学んでいる姿や学んでいる学問を想像して見て下さい!より一層やる気が上がってくると思います。

 

 

さて、もう既に何人かはご存知だとは思いますが、

私遠藤は今年の8月より留学に行ってきます!

そしてもう一つ、直前の告知となりとても申し訳ないのですが、

4月いっぱいで人形町校を卒業します!!

 

いやー、高校2年生の11月からこの人形町校にてお世話になりましたが、あっという間に3年半の歳月が流れてしまいましたね。笑

東進生と時代約1年4か月と担任助手時代約2年2ヶ月、東進ハイスクール人形町校では人生の第一関門である大学受験を突破し、その経験を後輩の皆さんに伝えてきました。

 

振り返ってみると、人形町校における大学受験の過程の中で、自分の将来設計について初めて本気で考えることができ、そのために何を学びたいのかそしてどこで学びたいのか常に考えていました。

そして、高校三年生でのそれらの経験と信念が今の自分を動かしてくれていると常に実感し、様々なことに精進してます。

 

今回のブログでは、僕が皆さんへ最後に伝えておきたいことを簡単に話していこうと思いますが、後篇があるそうなので明後日の後篇にて具体的に記すとして、僕の留学事情について話していきたいと思います!

大学で留学をしようかなと迷っている方のヒントになれば幸いです。

 

僕が今年の夏に留学する大学は中国の首都北京にある北京大学というところです。そのままですね笑

東進ハイスクールで毎年清華大学に留学するイベントがありますが、この清華大学と北京大学併せ中国の最高学府と言われており、THEが発表する「世界大学ランキング」において、

北京大学は27位、清華大学は30位

というハイレベルな学生が揃いな大学です。

僕は早稲田大学のDD(ダブルディグリー)プログラムに参加し北京大学の国際関係学院に留学します。

早稲田大学を例に出すと、留学プログラムの種類として、

 

①DD(ダブルディグリー)プログラム

早稲田大学と提携先海外名門大学の学位を所定の要件をクリアすれば、早稲田大学卒業時に留学先大学の学位を授与される。

②CSプログラム

現地学生と同じ科目を履修するプログラムと語学力向上のためのプログラムに分かれる。主に英語圏

③EXプログラム

外国語学習のためのプログラムと海外で専門分野を磨くプログラムに分かれる。

④短期留学プログラム

主に春・夏休み中に短期間で実施される語学研修中心のプログラム。

 

上記のように、早稲田大学では簡単に紹介するとたくさんの留学プログラムが存在します!

 

もちろん留学プログラムによって必要な語学レベルが全く違ってくるので、詳しくは大学のHPで確認してください!!

 

長くなりましたが、今回の留学紹介で少しでも留学に興味を持ってもらえばと思います!

次回の後篇こそ、皆さんに伝えたいことを話したいと思います!

 

それではまた明後日会いましょう!

 

人形町校 担任助手遠藤優一

 

 

☆各種お申し込みは下のバナーをクリック☆