大学2年間で学んだこと | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2018年 4月 16日 大学2年間で学んだこと

こんにちは!!

今日は少し風が冷たいですね。まだ羽織るものが手放せないですね(笑)

 

今日お話しするのは、私の大学2年間の振り返りと言うことで、

ロボット関係の学科にいて学んだことを書いていきたいと思います!

 

私の学科は、「制御」「機械」「情報」「電気」「数学」の5つの専門を学びます。

制御とはわかる通り、ロボットの機構であったり、

身の回りの機械がどのように作られているかなどの設計などを学んでいきます。

機械は、いわば物理(力学)です。どう作るのが一番安定するのかなどの力学を主に使って学習しました。

情報は、プログラミングです。主にC言語とjavaと言う言語を使ってゲーム作成などをしました。

電気は、そのままの通りで高校で学んだ電気分野の復習とそれの応用を学びました。

数学は、自分積分をはじめとして高校の知識を土台にして上にあげた4つの専門分野を

学ぶにあたっての計算能力をつけました。

 

その中で、「制御」分野を必須としてもう一つの専門分野を選択します。

私は、その中で情報を選択し今は学んでいます。

また、情報の資格の一つ『LPIC』と言うものの取得のためにもこれは自分でですが、学習しています。

とはいえ、それだけで授業の単位をフルで取れるわけでもなく、

「機械」にも興味があるので、機械も同時に学習しています。

 

なぜ私が「情報」分野を選んだのかと言うと、

2年次にある企業の説明会に行った際に、

「情報」分野の力をとても重視していることがわかったからです。

要求される能力の欄に様々なことが書いてありましたが、

すべての分野で共通して必要な能力が「情報」でした。

今やコンピュータは一家に一台、もっといえば大学生は自分のパソコンを買う人が多いと思います。

そう行ったITが当たり前の世界になったからこそ、

情報と言う分野の知識が要求されると言うことを学びました。

 

長くなりましたが、2年間で学んだことは、もちろん専門分野の知識はもちろんですが、

今の時代に企業はどのようなことを要求してくるのかを学ぶことができた2年間でした。

 

みなさんも大学に行って、ただ自分の好きなことを学ぶのは大事ですが、

少し企業のことを早めに調べて、必要な能力や資格があるならば、それを早めに取得しておくことが

とても重要になると思います!

 

ですがそのためには!まずは大学受験を乗り越えなければなりませんね。

大学には夢ややりたいことが詰まっています!それをモチベーションにして、

人形町校で頑張っていきましょう!!

 

松谷 諒

 

☆各種お申し込みは下のバナーをクリック☆