大学での留学について | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2016年 12月 4日 大学での留学について

みなさま、こんにちは!

森田です!

12月も4日になりました!

北海道や新潟では、降雪量がおおくなってきているそうですが、

東京は乾燥が厳しきなってまいりました!

受験生のみなさま、

・手洗いうがいは念入りに!

・就寝時間は12時を目途に!

・3食、量・栄養共にバランスよく!

規則正しい生活が、成功の秘訣です!

 

いうことで、本題に移っていきます。

今回は、皆様一度は考えるであろう「留学」についてです。

 

「留学」と一口でいっても様々な主旨や種類があるのですが、

今回は大学での留学に絞っていきます。

まず、大学生の時に出来る留学にもさまざまな種類があります。

 

・1ヶ月-3ヶ月の短期留学

→公開講座に参加という形態が多い。英語力UPや文化交流を狙ったものが多い

 

・1セメスター,2セメスターの留学

→現地の生徒向けの講義を受けるので、専門分野のスキルアップを狙ったものが多い

 

・交換留学など

→現地の生徒向けの講義を受けるので、専門分野のスキルアップを狙ったものが多い

 

存在しているプログラムの数や種類は、

大学によって異なります(本当にバラバラです)。

 

ピンとくるものがない場合、

文部科学省や民間企業が主催する留学プログラム

を探すのも良いでしょう。

 

外へ行ったことがないという人にとって、

短期留学参加しやすいものとして

人気ですが、落とし穴もあります。

それは、行くまでの「自分の英語スピーキング・リスニングスキル」次第で、

得られる実力だけでなく、ホームステイを始め現地での充実さ・貴重な経験までもがまるで違う、ということです。

要するに、お金をドブに捨てるも同然となってしまうケースもあるのです。

 

なので、留学について調べると同時に、「留学は何のために行くのか」を明確にしましょう。

その次に、現地へ行く前に

①行くまでにやるべきことの明確化とその行動

②現地でのやるべきことの明確化

③帰ってきた後のやるべきことの明確化

を実施してみてください!

 

皆さんの将来の留学のために、少しでも参考になれば幸いです。

 

人形町校 森田