夏休みの過ごし方~須藤編~ | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2016年 7月 9日 夏休みの過ごし方~須藤編~

こんにちは、須藤です!

なんだかお久しぶりな気がします。

 

時の流れは早いもので、もう7月ですね。

「もうすぐ夏休みだ!!!」

という方も多いのではないでしょうか。

かくいう私もテスト期間が終われば夏休みなので、少々浮かれていますが…(笑)

 

ですが、去年の夏は浮かれている暇もありませんでした。

そこで今日どんな勉強をしていたのかという内容の話を科目ごとにしようと思います。

勉強量の話をするのもいいのですが、受験生ならきっと朝から夜まで勉強する(はず)なので

あえてここで話す必要性もないかなと思ったからです。

 

①英語

一番の苦手科目だったので1日の大半を費やしていました。

高速基礎マスターを毎日500トレーニングやり、

センターを1年分解いて復習をし、

音読を30分ほどやり、

と英語漬けの夏でした。

この夏のおかげかセンターでは目標としていた8割を突破できたので頑張ってよかったな、と思います。

 

②国語

夏休み前に受講を終わらせていたので、センターでは安定した点数が取れる科目でした。

安定して取れる点数を上げられるように、センターをひたすら解いて出題傾向に慣れたり、

漢字のドリルを1日にやるページ数を決めてひたすら書いたりしていました。

国語は同じ問題を何回も何回も解くより、数多い問題に触れたほうが成績が伸びやすいので

センター過去問演習講座の大門別演習はとても役立ちました!

ぜひ活用してくださいね!!

 

③日本史

夏までほとんど勉強していなかったので、夏で詰めるしかありませんでした。

一問一答を4日で1周できるように大体分けて、何周も何周もしました

このおかげでセンターレベルの用語はほとんど入ったと思います。

そして一問一答だけでは流れが把握しづらいので、教科書を1冊まるごと読みました

蛍光ペンで色分けしたり、出来事から出来事に矢印をひいたりして、

2週間くらいかけてじっくり読みこんんでいきました。

日本史は用語と流れ、どちらも疎かにしてはいけない科目ですが、

要領を掴めばみるみる点数が上がるので1番楽しい科目でした!

 

ざっと私がどうやって勉強していたか書きましたが、これを真似しろ、とかいうつもりはありません。

ですが「どう勉強したらいいんだろう…?」と迷った時に少しでも助けになってくれればうれしいです。

 

それでは今日はこの辺で。

 

東進ハイスクール人形町校 担任助手

須藤絢音

 

 

—————————————————————————————–

★各種申込み

****資料請求ご希望の方****

****体験授業ご希望の方****

****入学ご希望の方****

****個別面談ご希望の方****

****講座診断ご希望の方****