夏を有効に使え!!高1・2生! | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2017年 8月 10日 夏を有効に使え!!高1・2生!

昨日まで富士登山キャンプに参加してきた松谷です!!

富士登山キャンプといいながら、台風5号の影響で5合目までの道が封鎖。

結局、富士山には登れずほかの山に登ってきました(笑)

とても残念ですが、そんなことは言っていられないので本題に入りましょう。

 

今日は、主に高1・2生に向けて書いていこうと思います。

 

①まずは高1生へお伝えします。

今年の高校生初めての夏は何をしますか!?

出来た友達や家族で旅行したり帰省したりしますか?

勉強面ではなにをしますか?

最近よく、学校の宿題が多すぎて、という声をよく聞きますが、

 

高1の夏とはこれから大学受験に向けて考える一番大きなチャンスです。

 

とは言っても2年も先の事なんかと思いますよね。

しかし、もう2年しかないんです。

大学は人生で一番長い社会人になる準備をする最高教育機関です。

自分は何をしたいのか、そのためにはどの大学に入るのかなど真剣に考えなくてはなりません。

そのためには一番時間の取れる高1の間に考えるのがベストであり、

その中でも夏は最大の思考期間です。オープンキャンパスや学校説明会にぜひ参加し、

自分の将来をみつめて見てください。意外と自分って…という発見がたくさんあると思います!

将来の理想を想像しながらこの夏を過ごしてみてください。

 

②次に高2生にお伝えします。

高2の夏は3年間の夏の中で最もやることが多いと思います。

学校行事は高3生はもう主役ではなくなりはじめ、高2がいろいろ動いていくでしょう。

部活は合宿など高2生が積極的に考え、動いていかなければなりませんしね。

ただ、受験勉強に向けてもやることがたくさんあります。

高2の夏に頑張れなかった生徒は、その先も頑張れていない生徒が多いです。

高3生の夏は確かに一番勉強ができる期間ですが、逆に言うと

勉強のみに集中しなければなりません。つまり、

 

高2の夏とはその高3で勉強する準備をする大きなチャンスです。

 

高3生になってから自分の分析をしたり、志望校を決定するのは遅いです。

ある程度自分には何が足りないのかを把握し、自分のこれからの成績を予想しながら

志望校を決定していくのは高2の間にやるのがベストです。

目標を今から少しずつ立てて計画を立てながら行っていく。その力を身に付けることも

高2の間に行う重要任務です。将来の自分のためにも今から準備し始めていきましょう!

 

③最後に

結構いろいろと言ってきましたが、

何はともあれ、高1・2生にとって夏休みは楽しむものです!

勉強も遊びもこの夏を全力で楽しんでください!

 

以上、とても長くなりましたが、この辺で終わります。

 

松谷 諒

 

☆各種お申し込みは下のバナーをクリック☆