受験を通じて学んだこと | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2016年 10月 27日 受験を通じて学んだこと

こんにちは、大浦です。

 

今回は受験を通して変わったと思うことについてお話しします。

僕は一浪を経験しているのですが、

現役と浪人のそれぞれで成長できたと感じることがありました。

まず現役の時で成長したと思うのは、

何事でも絶対に負けたくないと思うようになったことです。

三年の夏まで野球漬けだったため、

部活が終わった時には学力的に周りの友達に大きく後れを取っていました。

「このままだと友達に顔向けできないな。」

「絶対に負けたくないな。」と感じ、必死で勉強に取り組むようになりました。

(結局志望校に合格することができませんでしたが。)

浪人を決めたときはハッキリ言って相当悔しかったですし、

親に対して申し訳なかったです。

それが浪人時にも繋がるのですが、

「なぜ自分が落ちたのか?」

ということを真剣に考えました。

その結果、自分の当時の学力、長所や欠点、不合格になった理由

(確認テストを一発で合格していない・高速マスターを毎日受講していなかったetc.)

が見えてくるようになりました。

それらを踏まえ、

どうすれば最短で学力を伸ばすことができるのかを考えて実行する習慣

を付けるように努力しました。

この2点は大学に合格してからも続いてますし、大いに役立っています。

受験生の皆さんも是非こういった成功体験を勝ち取ってください。

 

人形町校 担任助手 大浦

 

****模試の申し込み****

****資料請求ご希望の方****

****体験授業ご希望の方****

****入学ご希望の方****

****個別面談ご希望の方****

****講座診断ご希望の方****