伊藤の座右の銘 | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2016年 8月 11日 伊藤の座右の銘

こんにちは!

いとうです!

上の写真は伊藤が旅に行くときに格好です。

白黒加工したらなんかそれっぽくなったんで載せてみました!

(写真の腕はド素人)

 

さて、昨日に続いて、私の座右の銘、

紹介していきたいと思います!

 

私が座右の銘にしている言葉

それは・・・

『もうこれで満足だというときは、

すなわち衰えるときである。』

 

これは日本資本主義の父と呼ばれている

渋沢栄一の言葉です。

 

深いですねえ・・・

この競争が激化している社会において

現状維持は衰退でしかないんですよね。

さらに「もうこれで満足!」

と感じて挑戦や努力を怠ってしまうと

すぐに周りに追いつかれ、追い越されてしまいます。

この言葉を耳にするたびに

常に挑戦、継続的な努力

の重要性に気づかされます。

 

少し私の昔話をします。

中学時代私は陸上競技でハードルをやっていました。

練習に練習を重ね、その結果中学2年生の時に

目標の一つだったジュニアオリンピックで千葉県代表として選ばれて

全国の舞台で戦うことが出来ました。

でもそのとき

「もうこれで満足」

と思ってしまったんですね。

そしたらどれだけ練習しても

千葉県でのランキング下がってしまいます。

当初1位だったのが3位。

そして最終的には7位にまで落ち込んでしまいました。

結果、中学3年生時では私の総体は県大会で幕を閉じました。

その原因を考えると

ジュニアオリンピックに出場して満足してしまった自分が

当てはまりました。

満足してしまった結果

練習内容や量を変更しなかったのです。

つまり、満足して現状維持をしてしまった結果

周りに追い抜かれてしまったんですね・・・

渋沢栄一のこの言葉を知ったのは高校生の時です。

中学生時からしっていれば・・・

なんて今でも思うときがあります。

 

私の昔話は以上になります(笑)

今の社会において現状維持は衰退です。

だから常に努力、挑戦し続けなければならないんですね。

 

私も挑戦は日ごろ心がけております。

知らない方にでも人見知りせずにフレンドリーに接するだとか、

大学の授業で発表、先生に質問するなど小さなことから意識をしています。

直近の私の大きな挑戦は海外留学です。

必ず成功するために日々の勉強は怠っていません。

 

受験に関していうと

みなさんは現状に満足していますか?

それとも不満足ですか?

満足なら新たに高い目標を設定し

不満足なら目標とのギャップをどう埋めるか対策を立てましょう。

常に精進です!

一緒に頑張っていきましょう!!!

 

東進ハイスクール人形町校

伊藤賢一

 

★各種申込み

****資料請求ご希望の方****

****体験授業ご希望の方****

****入学ご希望の方****

****個別面談ご希望の方****

****講座診断ご希望の方****

過去の記事