センター対策過去問演習講座☆英語のすゝめ | 東進ハイスクール人形町校|東京都

ブログ

2016年 6月 13日 センター対策過去問演習講座☆英語のすゝめ

 

 

こんにちは!迫田です!!

 

さて6月に入って10日がたちました!

早いですねーー

 

第3回センター試験本番レベル模試まで2週間です!

前回ブログで言った通り、今回で主要科目はAライン突破が目標ですよ!!

 

 

<須田先生のグループミーティング> 

 

 

いよいよセンター過去問演習を実際に始めた人もいるかと思います!

 

センター対策の勉強は決してセンター試験のためだけの勉強ではありません

センター試験の出題範囲は高校で学習する範囲。

つまりテキストを開けば必ず該当箇所が見つかる、入試において基礎を問う試験です。

 

夏休みが明けると、もっと応用的な私立大学の一般入試や国立大学の二次試験の対策に移っていきます。

いくら過去問の演習を重ねて解き方のパターンを身に付けたとしても、

土台ができていなければ合格最低点を超えることは出来ません。

 

夏休みに入るまでに基礎力を完成させることは

耳にタコが出来るくらい聞いているかと思います。

もちろん、受講を修了し、高速マスターを完全修得することも

基礎の徹底の一つです。

 

そして、その基礎力が完成したかどうかを判断するのにも

センター過去問演習は役立ちます。

 

センター試験の問題で8割以上がコンスタントに得点できるようになったら、

基礎力は固まっていると判断してもいいと思います。

 

 

もしまだ手を付けてない人がいたら、

ぜひ今週中に英語だけでもいいのでやってみましょう!

そして、1回分を解いて復習をするのにどれくらいの時間がかかるのか把握し、

この上で10年分の演習の計画を立てましょう!

 

1周目の修了は第4回のセンター試験本番レベル模試の2週間前、

8月14日です!!!!

のこり9週間!!

 

あんまり時間がたくさんある訳ではないので、しっかり計画たてましょう!!

 

 

さて、2日前からシリーズで更新しているセンター過去問演習講座の進め方、

 

今日はほとんど誰もが受験する英語について、

私のおススメする進め方についてお話します!

 

まず、みなさんご存じのとおり、

センター対策過去問演習には

過去問演習大問別演習があります。

 

過去問演習は1年分の各科目を制限時間内にどれだけ得点できるかを計るもの

大問別演習はその名の通り、各科目の各大問ごとに演習ができるものです。英語だけでも360問あります。

 

大筋の流れは

1.センター過去問演習

2.採点&復習

3.大問別演習で弱点補強

といったところだと思います。

 

 今日はこの流れの中の大問別演習について少し掘り下げようと思います。

 

 

みなさんセンター英語で一番点数を落としやすいのはどこでしょうか?

 

おそらく、

①大問4②大問6③大問2

 

のどこかに苦手意識を持っている人が多いのではないでしょうか?

 

まず、得点のしやすさは圧倒的に長文の方が上です。

大問2が全然とれないけど、後半でも点を落とす、という場合は

長文で満点をとれるようになることが先決です。

 

なぜなら大問2の特に文法問題は、問われていることは基礎的なことですが、

文法問題そのものがすさまじい数の種類とパターンがあるからです。

 

 

 

①大問4や②大問6が苦手な人

国語の評論文や漢文に苦手意識がある人が多い傾向にあります。

こういう場合、

書かれている内容を緻密に照らし合わせ、該当箇所を探し出し選択肢の消去法をする

ということにまだ慣れていない場合があります。

もしくは単純に時間が足りないか、単語や熟語の知識が足りないこともあります。

 

①②に該当する人はぜひ

過去問演習で解く順番を変えて先に長文を解く

選択肢の消去法に意識して大問別演習でトレーニング

これを繰り返してみてください。

 

この中で、時間配分を気を付けてみたり、単語などの基礎知識を高速基礎マスターで毎日反復演習してみたりしてください。

 

 

長文が完成していて、残すはあと③大問2だけの人は、

とにかく大問別演習で反復演習を重ねることに加え、

高速マスターの

センター1800・熟語750・文法750・例文300

そして上級英単語にも毎日触れて、

抜けのない状態を維持するように意識しましょう。

 

 

さらに細かいことはぜひ受付で相談にきてみてください!

 

 

人形町校担任助手 迫田優希

 

—————————————————————————————–

★各種申込み

****資料請求ご希望の方****

****体験授業ご希望の方****

****入学ご希望の方****

****個別面談ご希望の方****

****講座診断ご希望の方****